のんびり広東語

香港在住、独学でのんびり広東語を学んでいきます。

広東語で「痛い」

うちの会社では誰かの誕生日があると、ケーキを買ってささやかにお祝いするという風習があります。

で、昨日も誰かの誕生日だったんですけど、うっかりケーキを食べ過ぎました。。。

今日、朝起きると膝に激痛が?

 

そう、痛風もちなんです。。。そこまで歳いっていないはずなんですけど、最近では比較的若い人でもなるらしいですね。

あんまりケーキとか食べちゃダメなんですけど、お祝いごとなのと、朝食食べてなかったこともあって、つい?

 

朝起きると、膝が曲げられないくらい痛い。。。こうなったらたらふく水を飲んで、痛みがひくのを待つのみ?

 

というわけで、今回は「痛い」です。

「痛い」は広東語で "痛" "トン"です。すごく痛いは"好" "ホウ"をつけて"好痛" "ホウトン"です。

この「好」は以前のブログで触れたように、

"好味" "ホウメイ" 「おいしい」

"好靚" "ホウレン" 「きれい、美しい」

"好睇" "ホウタイ" 「(見て) おもしろい」

"好聽" "ホウテン" 「(音楽などをきいて) 楽しい」

"好玩" "ホウワン" 「(遊んで) 楽しい」

 

など、後ろに言葉をつけて色々な意味に使えますが、「普通以上に」「とても」って意味も含んでいるようです。

 

もし電車とかで誰かに足を踏まれて「すごく痛い!」って言いたい時は、"好痛呀!" "ホウトンア!"とさけんでみましょう?

 

ちなみに、「痛風」は"痛風" "トンフォン"、ケーキは"蛋糕" "ダンゴウ"というそうです??

 

[http://