のんびり広東語

香港在住、独学でのんびり広東語を学んでいきます。

広東語で「なんのお茶にしますか?」

香港といえば飲茶、僕もほぼ毎週と言っていいほど飲茶にいきます?

 

飲茶に行くと必ず最初に聞かれるのが、「飲咩茶?」「ヤムメーチャア?」です。

 

この"飲咩茶?""ヤムメーチャア?"は、「何のお茶にしますか?」という意味で、"飲""ヤム"は「飲む」、"咩""メイ"は「何」、"茶""チャア"は「お茶」の意味です。

 

「飲茶」というくらいですから、当然お茶を飲むのも飲茶の楽しみのひとつです。

もし「飲咩茶?」と聞かれたら、飲みたいお茶を伝えましょう?

 

代表的なお茶は、"普洱""ポウレイ" (プーアル茶)、"香片""ヒョンピン" (ジャスミン茶)、"烏龍""ウーロン" (ウーロン茶)などだと思います。

 

個人的には、プーアル茶はちょっと苦いのでいつもジャスミン茶を頼みます? (ちなみに、ちょっとかじった北京語のなかで唯一未だに覚えているのですが、ジャスミン茶は北京語だと"茉莉花茶""モーリーファーチャー"と言います。参考までに?)

 

席についてすぐにお茶のオーダーをスムーズにすると、飲茶に慣れてるひとっぽくみられてかっこいいかも、、、(気のせいかな?)。

ともかく、皆さんも、飲茶に行くときはせっかくなのでぜひ自分の好きなお茶と一緒に楽しんでみてくださいね?

  

[http://