のんびり広東語

香港在住、独学でのんびり広東語を学んでいきます。

広東語と北京語どっちを学ぶ?

突然今日から数日間、上海へ出張することになりました✈️

上海では当然広東語は通じないと思うので、昔ちょっとかじった(あの時は3ヶ月で挫折?)北京語を思い出してみようと思ったんですけど。。。案の定すっかり忘れてます?

でも、香港へ来ると決まったとき、北京語と広東語どちらを学ぼうか悩んでた時のことを思い出しました。

もし将来自分のように香港に来ることがあって、どちらを学ぼうか迷う方がいたときのために少しでも参考になればと思ったので、自分なりの考えを書きますね。

 

まず、僕が香港にきたときの語学のレベルですが、英語TOEIC800点程度、北京語、広東語とも全くわからない状態です。

この状態でも、香港で働いて生活していくことはできます(自分の会社はアメリカの会社なので、仕事には北京語、広東語ができなくても問題なしってのもありますけど)。

もちろんたまに中国語ができなくて困ったこともありましたけど、生活に重大に影響を及ぼすレベルではないですし、どうしても困った時は、知り合った香港人の友達に通訳頼んだこともありました。まぁなんとかなります?

 

そのうえで、北京語と広東語どちらを学ぶべきかというと、当然その人の置かれている状況と、なにを優先するかによります(当たり前ですね?)。

もし、「香港に長く滞在する予定はないけど、将来のことを考えてこの機会に中国語を学んでみたい」というような人でしたら、北京語のほうがいいでしょう。香港での日常会話は広東語ですが、それでもほとんどの香港の方は北京語がわかるので、日本に比べて北京語に触れる機会は圧倒的に多いですし、語学スクールも日本より全体的に安いので、この機会を逃す手はないでしょう。 

また、広東語は香港以外での使う機会というのは限られますので、もし香港で長く暮らすのでなければ北京語の方が後々役に立つことが多いと思います。

 

反対に、もし香港に長く滞在する予定でしたら、広東語を勉強した方がいいと思います。確かにほとんどの香港の方が北京語をわかるといっても、日常全ての会話は広東語で行われますので、例えばみんなが何を話しているのかとか、広東語ができないと全くわかりません。

例えば僕の場合、香港の方と結婚したので、向こうのご両親と奥さんがなにか会話をしている時、広東語がわからないと蚊帳の外(今まさにこの状態?)、これは多分たとえ北京語ができてもさほど状況は変わらないでしょう。

やはり、その社会やコミュニティの一員となるとき、そこにあったコミニュケーション手段をもっているというのはとても大事じゃないかと思います。

 

それ以外にも、香港の方とより仲良くなろうと思ったら広東語の方がいいですし、今日の僕のように、中国へ出張へ行く機会が多い方でしたら北京語の方がいいと思います。

 

人によっては、北京語のほうが覚えやすい(例えば北京語は4声で広東語は9声とか)のでまずは北京語を優先させるべきとか色々な意見がありますが、まぁ結局はその人にとって何が大事かというところによるんで。。。

あんまり大したこと書いてなくてすみません?でも、もしちょっとでも参考になれば幸いです?

 

では、いってきます〜?

[http://