読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり広東語

香港在住、独学でのんびり広東語を学んでいきます。

広東語で「1時から12時」

前回飲茶についてちょっと書きましたけど、飲茶に行ったりとか誰かと待ち合わせをするとき、時間は必須ですよね。

 

以前、年や月日などについては書きましたが、時間についてはまだでしたので、今回は時間、1時から12時までの表現について書きます。下記参考にしてみてください😊

 

以前のブログはこちら👇

cantonesestudy.hatenablog.com

 

1時: 一點(鐘) "ヤッディム(ジョン)"

2時: 兩點(鐘) "リョンディム(ジョン)"

3時: 三點(鐘) "サーンディム(ジョン)"

4時: 四點(鐘) "セイディム(ジョン)"

5時: 五點(鐘) "ンーディム(ジョン)"

6時: 六點(鐘) "ロッディム(ジョン)"

7時: 七點(鐘) "チャッディム(ジョン)"

8時: 八點(鐘) "バッディム(ジョン)"

9時: 九點(鐘) "ガウディム(ジョン)"

10時: 十點(鐘) "サップディム(ジョン)"

11時: 十一點(鐘) "サップヤッディム(ジョン)"

12時: 十二點(鐘) "サップイーディム(ジョン)"

 

数字の0から10についても以前のブログで書いたのでそちらも参考にしてもらえればと思いますが、数字の2だけ、物を数える時などは"兩" "リョン"を使い、2時の時も"兩點(鐘)" "リョンディム(ジョン)"となります。

しかし12時の時は"十兩"とはならず、"十二點(鐘)" "サップイーディム(ジョン)"となります。

 

以前のブログはこちら👇

cantonesestudy.hatenablog.com

 

1時ちょうどなど、時間ちょうどの時は"鐘" "ジョン"を付けても付けなくてもどちらでも大丈夫ですが(英語のO'clockみたいなもんですかね)、そうでない時は付けません。

 

また、午前は広東語で"上晝" "ソョンジャウ"、午後は"下晝" "ハージャウ"というそうです。合わせて覚えましょう😁

 

ながくなったので「分」についてはまたの機会に😝

 

[http://
人気ブログランキングへ:title]

広東語で「なんのお茶にしますか?」

香港といえば飲茶、僕もほぼ毎週と言っていいほど飲茶にいきます😋

 

飲茶に行くと必ず最初に聞かれるのが、「飲咩茶?」「ヤムメーチャア?」です。

 

この"飲咩茶?""ヤムメーチャア?"は、「何のお茶にしますか?」という意味で、"飲""ヤム"は「飲む」、"咩""メイ"は「何」、"茶""チャア"は「お茶」の意味です。

 

「飲茶」というくらいですから、当然お茶を飲むのも飲茶の楽しみのひとつです。

もし「飲咩茶?」と聞かれたら、飲みたいお茶を伝えましょう😊

 

代表的なお茶は、"普洱""ポウレイ" (プーアル茶)、"香片""ヒョンピン" (ジャスミン茶)、"烏龍""ウーロン" (ウーロン茶)などだと思います。

 

個人的には、プーアル茶はちょっと苦いのでいつもジャスミン茶を頼みます🍵 (ちなみに、ちょっとかじった北京語のなかで唯一未だに覚えているのですが、ジャスミン茶は北京語だと"茉莉花茶""モーリーファーチャー"と言います。参考までに😁)

 

席についてすぐにお茶のオーダーをスムーズにすると、飲茶に慣れてるひとっぽくみられてかっこいいかも、、、(気のせいかな😅)。

ともかく、皆さんも、飲茶に行くときはせっかくなのでぜひ自分の好きなお茶と一緒に楽しんでみてくださいね😉

  

[http://

 

 

 

 

 

広東語で「久しぶり!」

香港に来ていた友人は日本に帰っていきました✈️

 

結婚してからは、日本に帰国してもなかなか自分の時間が取れないので😅、こうやって香港まで来てくれると久々に日本の友達と会うことが出来ます😚

 

もっと頻繁に来てくれればいいんだけどな、と思いつつ、まぁ仕事でもない限りそんなにしょっちゅう来るところでもないか、と思ったりもします。

 

まぁそんなわけで、今回は久しぶりに会った人に対して使える言葉です🤗

 

広東語で「久しぶり!」は"好耐 冇見!" "ホウノイ モウギン!"と言います。

"好耐" "ホウノイ"は、「長い間」、"見" "ギン"は「会う」です。これに「ない」という意味の"冇" "モウ"をつけて、"好耐 冇見!" "ホウノイ モウギン!"、直訳すると「長い間会わなかったね!」、つまり「久しぶり!」となります。

 

皆さんももし香港の友人に久しぶりに会ったら、"好耐 冇見!"と言ってみてください😉

 

[http://

 

 

広東語で「通してください」「道をあけてください」

香港に来た友人がもった最初の香港の印象は、「人が多いな。。。というか人口密度がたかい!」だそうです😅

 

香港の経済は数年前にくらべるとおちこんでいるみたいで、中国や他の国からの旅行客も以前にくらべて減少しているみたいですけど、それでもやはり尖沙咀(チムサーチョイ)とか中環(セントラル)、蘭桂坊(ランカイフォン)にいくとたくさんの人で混み合っていて、人ごみをかき分けて進むのも苦労することがあります。

 

そんなわけで 、今回は「道をあけてください」、広東語で「唔該 借借」です。

 

"唔該" "ムゴイ"はこのブログでも何回か登場していると思いますが、「すみません」 「excuse me」という意味です。

そして"借借" "ジェジェ"は、「通してください」とか「道をあけて」という意味で使われます。

なので、"唔該 借借" "ムゴイ ジェジェ"で「すみません、道をあけてください」となります。

 

この言葉、街中だけでなく、エレベータや電車の乗り降りなどのときにも使えるので、僕も結構日常で使っています。

 

「唔該」だけでも「すみません(道をあけてください)」という意味で使うこともできますが、借借をつけるとよりはっきりと「道をあけ欲しい」ということが伝わると思います😁

 

[http://
人気ブログランキングへ:title]

広東語で「君の名は。」

「君の名は。」が、「千と千尋の神隠し」以来15年ぶりに国内興行収入200億円を突破したそうですね😊

最近はインターネットのおかげで海外にいても日本のニュースにすぐアクセスできて、便利な世の中になりました(歳がばれる。。。😅)。

 

先日発表されたロサンゼルス映画批評家協会賞でも、「君の名は。」がアニメ映画賞に輝いたそうで、香港でも11月11日から3日間で興行収入が614万9917香港ドル(約8600万円)を記録したそうです。

 

日本の映画が海外でも評価されるのは日本人としてうれしいかぎりですね🤗

 

こちらの映画、英語のタイトルは「Your Name.」、中国語のタイトルは「你的名字。」だそうです。

読み方は、北京語で「ニーダミンズ」、広東語だと「ネイディクメンジー」です。日本語にすると「あなたの名前」ですね😉

もし、「君の名は?」、「what's your name?」と聞きたい時は、過去のブログで紹介した表現を参考にしてみてください😁

 

過去のブログはこちら👇

cantonesestudy.hatenablog.com

 

僕もこの映画、飛行機でみました✈️

まだ香港で自分で映画館でチケット買ってみるのは若干勇気がいります😵

 

[http://

 

 

 

広東語で「春 夏 秋 冬」

今日日本の友人から、香港にくるにあたりどんな服装で来ればいいかと質問されました。

これ、実は結構答えに迷います🤔

 

香港は、例えば明日は最高気温23℃、最低気温18℃くらいです。日本で言ったら、、、どうですかねぇ、10月くらいですかね?

沖縄より南なのでさすがに冬でも暖かいです。

 

でも、当然それよりも寒い日もありますし、何よりオフィスが寒い!

 

香港あるあるだと思うんですけど、例えば夏は室内のエアコンが強すぎてジャケットやセーターを着ているひと多数、中には足元に小型のヒーターつけているひとまでいます😬

冬も、空調の関係だったり、あとそもそもエアコンの暖房機能が付いていないことが多いので、外が比較的暖かい日でも室内は寒いなんてこともあります。

 

なので個人的には、例えば今だったら日本の10月から11月くらいの服装、でも室内用や寒い日用にカーディガンやブランケットなど持参、あと、逆にめっちゃ暑い日のために一枚で着れるシャツなども持参、といったところでしょうか。結構な荷物になっちゃいますかね。。。

 

そんな一年中夏秋みたいな香港ですが、一応春夏秋冬全て広東語があります(当たり前か😅)。

「春」は"春天" "チョンティン"、「夏」は"夏天" "ハーティン"、「秋」は"秋天" "チャウティン"、そして「冬」は"冬天" "ドンティン"です。

 

普段寒いのは苦手ですが、それでもやはり冬のある日本が恋しくなることもたまにあります❄️⛄️

 

[http://

広東語で「もう一度言ってください」

いまだ全く広東語での会話はできないんですが😅、、、知っている単語は少しづつ増えていってます。

それでも、知っているはずの言葉でも聞き取れない時とかもあります。

英語でもそうですし、もっと言うと日本語だってたまに聞き取れなかったり意味がわからなかったりすることがありますよね。

 

なので、今回は「もう一度言ってください」を覚えておこうかと思います😊

 

「もう一度言ってください」は、広東語で"唔該、再講 多一次 吖" "ムゴイ ジョイゴン ドーヤッチ ヤ"と言うそうです。

 

"唔該" "ムゴイ"は以前も紹介しましたが、「すみません」です。

そして、「言う」は、これも以前の「広東語が話せません」のブログでも紹介した"講" "ゴン"(話す、言うという意味の言葉)を使い、"再講" で「もう一度(再度)言う」と言う意味になります。

"多一次" "ドーヤッチ"も、「もう一度」と言う意味なので、"再講 多一次"で、「もう一回再度言う」となるので、もう一回言って欲しいということを強調している感じでしょうか。。(なので、"再講 一次"でも通じるみたいです)。

そして、「〜してください」などの依頼を表す語尾の"吖" "ヤ"をつけて、"唔該、再講 多一次 吖" "ムゴイ ジョイゴン ドーヤッチ ヤ"、「もう一度言ってください」となります。

 

もう一度言って欲しいとき、聞き取れなかった時などは、これをいうともう一度言ってくれると思います。それでも聞き取れない時もあると思いますが、その時は、、、分かったふりでもしておきますか😛

 

 

[http://